医療技術局

リハビリテーション部

リハビリテーション部 部長 嶋尾秀昭

新病院東側に位置し、患者様がリハビリテーションを実施するには申し分のない良い環境の明るくて広い部屋になりました。
当院は、発病後まだそれほど日がたっていない急性期の疾患を多く診ています。そのため、リハビリテーション部でも早期リハ開始に力を入れており、病気の治療と並行して積極的に進めていく態勢をとっています。
スタッフによる評価でリハプランが作成され、11名の理学療法士、6名の作業療法士、4名の言語聴覚士がそのプランを具体的に実践していきます。

 

リハビリテーション部の理念

  笑顔あふれるリハビリテーション

 

リハビリテーション部の基本方針

  1.急性期からリハビリテーションを開始します。

  2.患者様中心のチーム医療を実践します。

  3.廃用症候群の予防・改善に努めます。

  4.患者様の早期社会復帰を支援します。

  5.リハビリテーション医療の質的向上に努めます。

 

理学療法室

理学療法では主に、運動機能回復訓練、寝返り、起き上がりなどの基本動作訓練、歩行訓練などが行われます。
理学療法室には様々な機器があり、患者様の状態に合わせて、運動機能回復や体力増強に利用しています。

 

作業療法室

作業療法とは、文字通り色んな作業をすることで、心身機能や生活技能を高めることを目的に行われます。
患者様が少しでも早く家庭に復帰し、その人らしく生き生きと生活されることを目的に訓練を実施しています。そのための、日常生活動作訓練や家事動作訓練用設備も整えています。

 

言語聴覚療法室

言語聴覚療法では、コミュニケーションと食事(嚥下)に障害のある方に対して、評価・訓練・支援を行っています。
ことばをうまく話せない・理解し難い「失語症」、呂律がまわりにくい「構音障害」、声がかすれる「音声障害(嗄声)」、食べ物を飲み込みにくい・むせる「摂食・嚥下障害」などがその対象です。

 

◆ リハビリテーション部のご紹介・職員募集のご案内(PDF)

◆ 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の臨時職員を募集しています

お問い合わせ
西脇病院 事務局 病院総務課
TEL:0795-22-0111
FAX:0795-23-0699
byoin@hospital.city.nishiwaki.lg.jp

 

ページトップへ