研修医募集

研修医 2012年

 

 2012年4月 研修を始めてみて

年目研修医 E.A

 研修が始まって約1か月が経ちましたが、とても内容の濃い1か月だったと思います。採血・ルート取りの訓練やエコー・内視鏡の操作を覚えることなど、いろんな手技を積極的にさせてもらえ、どんどん患者さんをあてられるのでたくさんのことを症例を通して学ぶことができています。先生方もとても親切で優しく、一つのことを聞いたら何倍ものことを教えていただけて、同僚も多くて楽しいので、研修するのに良い所だなあとしみじみ感じています。

年目研修医 J.S

 西脇病院での内科研修が始まりもうすぐ1カ月が経ちます。国家試験では病棟での医師の実際の仕事のやり方を問われることはありませんでした。ですから、本当に右も左も全く分からない状態で4月から医師としての仕事がスタートしました。
 当院は研修医もいきなり主治医となり、担当患者さんの入院治療に積極的に関わっていきます。いきなりと聞くと不安になりそうですが、先輩研修医から上級医の先生まで、周りの先生にしっかりとサポートして頂けるおかげで、安心して仕事に取り組みながら日々成長していける研修システムだと思います。一日でも早く仕事に慣れるように頑張りたいと思います。

年目研修医 H.I

 4月から研修を初めて早くも1か月が経とうとしています。毎日が新しい発見の連続で、非常に濃い日々を過ごしています。なんとか国試には合格したものの実際の臨床の現場でやっていけるのか不安な気持ちもありましたが、先生方やスタッフの方々が気さくに声をかけて下さり、同期5人とともに楽しく研修しています。西脇病院はそれほど規模の大きな病院ではありませんが、診療科や業種の垣根の無い、アットホームな雰囲気が魅力だと思います。また地域の住民の方からも多大な支援をいただいており、自分たちが大事にされていることを感じます。

1年目研修医 H.F

 僕は神戸大学病院からのたすきがけコースでの研修となっているので、1年間という短い期間ですが、西脇病院で研修させていただいています。まだ、電子カルテ操作や手技、処置など多くの物事に不慣れなため戸惑う事も多いですが、上級医の先生方をはじめ、様々な医療従事スタッフの方々が優しく対応してくださるので、非常に働きやすい環境となっております。

年目研修医 I.I

 西脇病院で研修を初めてして、はや一か月が過ぎようとしています。市中病院は大変忙しく、患者さんの数は多く経験できるのですが、大学病院のように、病気や病態について勉強する機会が少ないというイメージがありますが、西脇病院では、研修医の先生のためのレクチャーも充実しており、多くを学べる環境でもあります。また愛知県から来た僕ですが、職員、スタッフのみなさんがとても親切な職場で毎日楽しく色々と学ばせてもらっています。

年目研修医 T.N

 西脇病院で研修を始めて1カ月ほどたちました。初めは、病棟の業務について全く分からない状態だったのですが、患者さんを担当するにつれ何とかある程度の流れがわかりだしました。わからないことがあればどんなことでも上の先生が丁寧に教えてくれる西脇病院は、いろんな症例に関して学べるとてもいい環境だと思います。内視鏡などの手技も部分的にすでにさせてもらっています。
多くの症例を経験したい人や、手技を学びたい人は是非一度西脇病院に見学に来てみてください。

 

 2年目になって

 

年目研修医 S.K

 4月に入り、新しく1年目の先生が6人も入ってきました。1年目の先生方を見ていると、1年前の私もこんなんだったのかなあと懐かしく思い出されます。1年目の先生方の指導をするにあたり、改めて自分自身の1年間の成長ぶりに驚かされることが多くありました。自分でそう思えるほど、西脇病院での1年間の研修は質の高いものだったのだと思います。西脇病院は、どちらかというと田舎で、ベット数や診療科も大学病院や有名研修病院ほど多くないですが、中規模だからこそ様々な症例や手技を経験でき、自分を大きく成長させられる病院だと思います。

 

ページトップへ