医療技術局

栄養部

理念

 安全でおいしく 患者様に喜ばれる食事の提供

基本方針

1.衛生管理を徹底し、安全な食事を提供します。 
2.適時適温給食の提供に努めます。 
(温かいものは暖かく、冷たいものは冷たい状態で食事を提供します。) 
3.チーム医療に力を入れ、患者様一人ひとりに合った食事を提供し、一日でも早く健康を取り戻していただける
ように努めます。 
4.疾患の予防・治療、退院後の食生活になどについて、一人ひとりに合った、わかりやすい栄養指導・相談を行います。

  上記の理念と基本方針に基づき患者様にお食事の提供を行っています。

栄養部の業務内容 

栄養管理

 入院患者様一人ひとり栄養管理計画書を作成し、適切な栄養管理に努めています。1〜2週間ごとに評価を行い、栄養状態に応じて栄養管理計画書の見直しを行っています。栄養状態が不良の場合には、NST(栄養サポートチーム)介入の提案などを行い、栄養状態の早期改善に向けた取り組みを行っています。

栄養相談(入院・外来)

 糖尿病や脂質異常症、高血圧症などの生活習慣病の方、腎疾患の方、術後の方等を対象に、個別栄養相談を実施しています。予約制(月曜日〜金曜日)となっておりますので、ご希望の方は主治医の先生にご相談下さい。また、糖尿病や腎臓病の教育入院、外来の糖尿病教室や妊産婦教室でも食事についてのお話をしています。糖尿病教室では年1回、お食事会も開催しています。

                                        

                    

                     【糖尿病教室 お食事会のメニュー(平成29年度)】

 

NST(栄養サポートチーム)による栄養管理

 チーム医療の一つで、医師・看護師・管理栄養士・薬剤師・臨床検査技師・言語聴覚士・歯科衛生士等が協力し、栄養状態の悪い患者様に対して、栄養状態の評価・判定を行い、適正な栄養補給を実施し改善することで、早期回復・早期退院を図ることを目的に活動しています。

                                   
 

お食事について

 入院中は、主治医の指示に基づき、患者様の病状に適したお食事の提供を行っています。また、患者様それぞれの状態に適する食事の調整をしたり、入院中でもお食事を楽しんでいただけるような工夫を行っています。

食事の種類

  一般食 : 常食、軟菜・全粥食など

  治療食 : 糖尿病食、腎臓病食、心臓病食、術後食など

患者様の状態に合わせて

  刻み食・ブレンダー食・ミキサー食

 嚥下障害や咀嚼障害のある患者様には、状態に合わせて食べやすい形態の食事の提供を行っています。

  アレルギー対応

  卵・牛乳・大豆・肉・魚・小麦・果物など食物アレルギーのある患者様には、管理栄養士が聞き取りにお伺いし、アレルギー食品を除去したお食事の提供を行っています。

  その他

 病態や治療によって、食事が十分に取れていないなど栄養量が不足している場合には、食事内容の調整や栄養補助食品を付けるなど、個々の対応を行っています。

入院中のお食事を楽しんでいただくために

  行事食の実施

 入院中の患者様にも季節を感じていただけるよう、毎月1〜2回、行事食を実施しています。市内の和菓子屋さんや洋菓子屋さんにご協力いただき、地元の和菓子や洋菓子を提供しています。また、幼児食ではランチプレートで提供しています(献立によっては通常の食器の場合もあります)。

                【お正月】                             【七夕】

      

              【クリスマス】                       【クリスマス(幼児食)】

      

≪参考≫ 平成29年度 行事食      

  選択食の実施

 常食と糖尿病食の患者様を対象に、A定食・B定食からお好きなメニューを選んでいただける選択食を実施しています(常食:月・水・金曜日の昼食と夕食  糖尿病食:第4木曜日の昼食と夕食)。

  産後のお祝い膳(はなまるランチ)

 ご出産で入院された方に、お祝い膳を提供しています(入院中1回)。
お祝い膳で洋食が食べたいという要望に応え、メイン料理にステーキをお出ししています。産後の体にも優しいように、脂身の少ない部位を使っています。
また、お食事には下記のような、“まめ知識カード”を付け、母子に必要な栄養について情報提供を行っています。

*まめ知識*
知っていますか??母乳は、お母さんが食べるご飯の内容によって、「甘い」、「しょっぱい」、「苦い」など味が変わります。これは、母乳がお母さんの血液から作られていて、食べた物の成分が血液に含まれるためです。
おいしいお乳は、和食中心で油分の少ない食事から作られるといわれています。おいしくないお乳は、赤ちゃんが嫌がって飲まなくなることも・・・。
おいしいお乳をたくさん飲んでもらうためにも、主食(ご飯など)、主菜(魚・肉・卵・豆腐など)、
副菜(野菜類、果物など)がそろった和食中心のお食事がオススメです!
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
ドック食

 ドックを受けられる患者様に、治療食とは別にお食事を作り提供しています。
季節に合わせ、旬の食材を用いたメニューで、患者様に喜んでいただけるよう工夫しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ
西脇病院 事務局 病院総務課
TEL:0795-22-0111
FAX:0795-23-0699
byoin@hospital.city.nishiwaki.lg.jp 

 

 

 

ページトップへ