お知らせ

アーカイブ | RSS |
  

お知らせ : 平成26年度『第2回 経営評価委員会』を開催しました。

投稿者 : 経営管理課1 投稿日時: 2015年04月13日 (1129 ヒット)

 

 平成26年度『第2回西脇市立西脇病院経営評価委員会』を開催しました。
 内容及び資料は次のとおりです。
 
【日 時】   平成27年2月23日(月) 14時30分〜
 
【場 所】   西脇病院講堂
 
【資 料】  
●西脇市立西脇病院改革プランの推進状況(平成26年度)

        ●西脇市立西脇病院改革プランの推進状況参考資料

        ●西脇市立西脇病院経営基本計画案(平成27年度から29年度)

        ●第2回西脇市立西脇病院経営評価委員会会議録


お知らせ : 地域医療 第6回市民フォーラムが開催されました

投稿者 : 病院総務課1 投稿日時: 2014年11月28日 (1728 ヒット)

 
 
 地域医療を守り支えるために何が必要で、どのようなことができるのか?市民とともに考えよう。このような目的のもとに始まった地域医療市民フォーラムも、今年で第6回目を迎えました。

 今年度も西
脇市多可郡医師会が中心となった地域医療検討会の主催で、11月24日(月・振休)午後1時半から市民会館で開催していただきました。 
 
 市内全中学3年生が、学校で受けた授業『地域医療を守る取り組み』をもとに、「地域医療を守るために、自らがどう関わっていけばよいのか?」作文にまとめてもらいました。
 今回のフォーラムは、提出いただいた約400点の作品の中から、検討委員会での選考を経て、
10名の中学生に発表してもらいました。
 
 発表では、「コンビニ受診や患者のクレーム、それに伴う医師の減少、西脇病院の小児科医が一人になってしまい入院診療ができなくなってしまった。」などの事実、この状況を何とかしようと立ち上がった「西脇小児医療を守る会」や医師会、商業連合会、自治体、市議会、多くの住民ボランティアの皆さんの地域医療を守る取り組みについて、直接、生の声を通して学んでもらいました。
 
 さらに「看護師や医療技術者などになりたい。」という自らの将来について考えてもらう貴重な機会となったようです。

 病院が患者を守るだけでなく、自分たちが病院を守るという意識の大切さや、長い待ち時間への理解、生徒たちも初めて耳にすることも多かったことと思います。
 参加した医療関係者にとっても、将来の西脇市を支える中学生の思いを聞き、改めて気付きを得たのではないでしょうか。
 
 また、西脇病院の岩井病院長から「これからの地域医療について」と題し、将来、病院が生き残っていくためには地域とのつながりが重要であり、「強い『地元愛』がある自治体病院を目指していきたい。」とのお話がありました。
 
 フォーラムの最後に、藤田西脇市多可郡医師会長から、生徒の皆さんの地域医療に対するすばらしい思いへの感謝とともに、ご協力いただいた学校関係者の方々へのお礼の言葉で第6回市民フォーラムを締めくくっていただきました。
 
 今回のフォーラムも「市内全中学校」、「西脇小児医療を守る会」や「地域医療を支える市民の会」など、多くの皆様方にご協力をいただきました。この場をお借りいたしまして厚くお礼申しあげます。本当にありがとうございました。
 
 
 詳細は、こちらをご覧ください。
 

   ☆ 地域医療 第6回市民フォーラムの様子

   ☆ アンケート集計

   ☆ 作文発表を聞いて感じたこと

   ☆ 市民フォーラムや医療問題に関する意見、感想

 



【過去
のフォーラムのテーマ】 

◆第1回市民フォーラム H21.7.5
  テーマ『明るく元気な西脇を取り戻そう!!』

◆第2回市民フォーラム H22.10.2
  テーマ『明るく元気な西脇を取り戻そう!!』

◆第3回市民フォーラム H23.11.5
  テーマ『看護師不足を考えよう!』

◆第4回市民フォーラム H24.11.23
  テーマ『患者と医療者のいい関係』

◆第5回市民フォーラム H25.11.4
  テーマ『地域医療を守り続けるために
         〜中学生からみた地域医療〜』
◆第6回市民フォーラム H26.11.24
  テーマ『こんな町にしたいな、西脇市
         〜地域医療を守るために〜』

 


お知らせ : 経営評価委員会を開催しました!

投稿者 : 経営管理課1 投稿日時: 2014年10月10日 (1283 ヒット)

平成26年度第1回西脇市立西脇病院経営評価委員会を開催しました。
内容及び資料は次のとおりです。

 【日 時】   平成26年10月6日(月) 14時30分〜16時45分

 【場 所】   西脇病院講堂

 【資 料】   ●資料1 改革プランの推進状況(平成25年度実績)

          ●資料2 改革プランの推進状況(平成26年度)

          ●資料3 経営基本計画(平成26年度から30年度)

          ●会議録

          ●評価及びコメント


お知らせ : 患者さまアンケートの集計結果

投稿者 : 医事課2 投稿日時: 2014年09月05日 (1547 ヒット)

 平成26年3月に実施しました「患者さまアンケート集計結果」をご報告いたします。
実施期間中、外来ならびに入院中の患者さまには、貴重なお時間の中、アンケートへご協力いただき本当にありがとうございました。
皆さまからのご意見をもとに、これからも地域の皆さまによりよい医療を提供する病院を目指して取り組んでまいりたいと考えております。
また、職員にとって日々の励みや活力となるお言葉をいただきましたことに心より感謝申し上げます。ご理解、ご協力ありがとうございました。

患者さまアンケート集計結果(外来)(PDF)

患者さまアンケート集計結果(入院)(PDF)

 

 

 

 


お知らせ : 『夏空ワークショップ2014』を開催しました

投稿者 : 病院総務課長 投稿日時: 2014年08月26日 (1614 ヒット)

 西脇病院では、スタッフや院内の雰囲気を直接肌で感じていただくとともに、レクチャーやDEEP HOSPITAL TOUR、スペシャルディスカッションなどを通じて、自己の能力開発のきっかけとしていただくため、毎年ワークショップを開催しています。
 今回は、『認知症を見つめる』をテーマに開催しました。
 詳しくは、こちらをご覧ください。

 『夏空ワークショップ2014』の様子(PDF 1,946KB)

 『夏空ワークショップ2014』アンケート・感想(PDF 195KB)


お知らせ : 麻酔科の植木医師 平成26年度科学研究費(日本学術振興会)の助成決定!!

投稿者 : 病院総務課1 投稿日時: 2014年06月19日 (2121 ヒット)

 麻酔科の植木医師が、日本学術振興会の平成26年度科学研究費助成事業(基金)での外部資金を獲得しました。植木医師は現在、神戸大学医学研究員を併任しており、神戸大学在任中から2008年から、継続して科学研究費助成事業(基金)での研究費を獲得し研究を行ってきました。今回獲得したのは挑戦的萌芽研究(1年、課題名:出生時低酸素症に対する 100%酸素蘇生後の脳神経発達障害機序とその治療法の確立)で、 100%酸素による新生児蘇生が脳神経発達にどのような影響を与え、その治療法の確立を目指した研究です。この研究結果が、2015年の国際蘇生協議会での新生児蘇生のガイドライン改定の基本的エビデンスに展開されることが期待されています。


お知らせ : 麻酔科の植木医師が最優秀演題賞を受賞!!(日本麻酔科学会第61回学術集会)

投稿者 : 病院総務課長 投稿日時: 2014年05月30日 (2201 ヒット)
 平成26年5月15日から17日まで、横浜市で開催されました日本麻酔科学会第61回学術総会で、麻酔科の植木正明医師の発表演題「エリスロポイエチンは出生時低酸素症時のイソフルラン曝露による脳神経発達障害を改善する」が最優秀演題賞を受賞しました。
 この研究は、麻酔薬の脳発達に及ぼす影響の研究の一つであり、臨床での胎児仮死時の帝王切開時に吸入麻酔薬による全身麻酔が児の脳神経発達にどのような影響を及ぼすかを、マウスを使って行ったもので、低酸素時の吸入麻酔薬のイソフルラン曝露は、マウスのその後の学習障害を引き起こし、その機序に内因性エリスロポイエチンが関与していることを報告しました。
 植木医師は、過去5年間で4回目の最優秀演題賞受賞、優秀演題賞も1度受賞しています。
 今回の発表は、基礎と臨床をつなぐ研究で、研究の成果が臨床での産科麻酔、小児麻酔の安全性向上に寄与できるように、さらなる研究の展開が期待されています。

 

 

 → 日本麻酔科学会 第61回学術集会 最優秀演題一覧
        (日本麻酔科学会ホームページより)
 


お知らせ : 平成27年度『はなみずきの会』正力厚生会助成金決定!!

投稿者 : 病院総務課1 投稿日時: 2014年03月13日 (1284 ヒット)

 西脇病院を中心に開催しています乳がん患者交流会『はなみずきの会』が、3年連続、今年も正力厚生会助成金の助成対象に選ばれました。
今年もこの助成金を活用し”西脇乳がん市民公開講座”を開催する予定にしています。
公開講座の詳細が決まりましたら順次お知らせいたします。

 

    ※公益財団法人 正力厚生会のホームページはこちら。


お知らせ : 『神戸木管五重奏団』によるクリスマスコンサートを開催

投稿者 : 経営管理課長 投稿日時: 2013年12月12日 (2229 ヒット)

 平成25年度 『神戸木管五重奏団』によるクリスマスコンサートを開催しました。

日 時   平成25年12月10日(火)15:00〜15:45分

場 所   西脇病院エントランスホール

目 的   入院、外来患者さんを対象とし、患者さんの『癒し』を目的として開催しました。

内 容    「神戸木管五重奏団」は、1993年、とある吹奏楽団で知り合った管楽器の5人で結成さ
      れ、3年後の1996年にギターが加わり、5つの異なる管楽器と弦楽器が、互いに主張し合
      いながら溶け合う、珍しいサウンドをもつアンサンブルグループです。

曲 目   1 そりすべり、 2 リンゴの唄、 3 みかんの花咲く丘、 4 田端義夫メドレー(かえり
      船、島育ち)、 5山小舎の灯、 6 学生時代、 7 南国土佐を後にして、 8 北国の春
     の超レトロな懐メロに、患者様も自然に口ずさんでおられました。

演奏者   フルート:越後由紀子、オーボエ:金崎正規、クラリネット:新見朋一、ホルン:玉嵜一彦、
      ファゴット:越後洋一、ギター:亀野良紀の6名

      

 


お知らせ : 市民フォーラムが開催されました

投稿者 : 理事室 投稿日時: 2013年11月08日 (1554 ヒット)

 西脇地域医療検討会により、11月4日に西脇市民会館で
「地域医療を守り続けるために〜中学生から見た地域医療〜」と題した
「第5回市民フォーラム」が開かれました。
 西脇南中学校吹奏楽部の演奏に続き、西脇中学校の生徒により
地域医療についての公開模擬授業が行われました。これまで
授業で学習してきたことをふまえ、地域医療にかかわることの大切さを、
しっかりとそしてわかりやすくまとめていました。


« 1 ... 4 5 6 (7) 8 9 »
ページトップへ