診察科目一覧

血液内科

 

 診療科の特徴と診療内容

 血液内科では、白血病・悪性リンパ腫・骨髄腫など造血器悪性腫瘍をはじめ、難治性貧血、紫斑病などあらゆる血液病の診療を行なっています。本院にはクラス100のクリーンルームや末梢血幹細胞採取のための成分採血装置や造血幹細胞測定器(フローサイトメトリー)も整備され、造血器悪性腫瘍に対する造血幹細胞移植(末梢血幹細胞移植・骨髄移植)も実施します。
 

◎ 象疾患

 再生不良性貧血、溶血性貧血、急性白血病、慢性白血病、骨髄異形成症候群(MDS)、悪性リンパ腫(ホジキンリンパ腫、非ホジキンリンパ腫)、多発性骨髄腫、成人T細胞白血病、多血症、骨髄線維症、特発性好酸球増多症(HES)、血小板減少性紫斑病、血友病などすべての血液疾患。
 当院では2名の血液専門医が外来を担当しています。移植医療には重症感染症治療や全身管理など高い医療技術が求められますが、数多くの「がん薬物療法専門医」「総合内科専門医」「がん治療認定医」とともに「移植認定医」も常勤し、常に最新の診断法や治療法に関する情報を収集し、治療成績の向上を心がけています。
 

◎ びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 High リスク患者に対する
Up-front 自家末梢血造血細胞移植療法について

 びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 High リスク患者に対する Up-front 自家末梢血造血細胞移植療法は、初回化学療法で奏効を得たびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(DLBCL)に対して、引き続き自家造血幹細胞移植併用大量化学療法による地固め療法を行うものです。
 当院では、当該療法の安全性及び有効性の検討を行うことにより、患者さんの生命予後改善につなげるために実施いたします。
 なお、当該療法は、当院の倫理委員会において承認されており、患者さんの同意を得て実施いたします。
 

 患者の皆様へ

 
 
 

 地域医療機関の先生方へ

 原因不明の貧血やリンパ節腫脹、不明熱の診断にお困りのときは遠慮なくご相談ください。既往歴や健康診断を含め一見正常な過去の血液検査結果が大変役立つこともありますので、診療情報提供書に過去の検査結果も添付していただければ助かります。
 外注ラボから芽球の出現(白血病疑い)を指摘されたとき、著しい出血傾向や血小板減少症(2万未満)、重症貧血(ヘモグロビン6g/㎗未満)の患者さまは、救急対応(緊急入院)が必要ですので、いつでもご連絡ください。
 

 医師紹介

医師 役職 資格
松井 利充 部長 日本内科学会認定内科医・指導医
日本血液学会認定血液専門医・指導医
日本造血細胞移植学会造血細胞移植認定医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
厚生労働省認定臨床修練指導医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
川野 宏樹 (非常勤) 日本血液学会認定血液専門医

お問い合わせ
西脇病院 事務局 病院総務課
TEL:0795-22-0111
FAX:0795-23-0699
byoin@hospital.city.nishiwaki.lg.jp

 

ページトップへ