診察科目一覧

眼科

 

 診療科の特徴と診療内容

 当院眼科では1名の常勤医が勤務しています。

 平成26年4月より眼科手術の体制が整い、外来、病棟、手術の流れが安定したものとして順調に稼働しています。白内障手術については、アトピー性や落屑症候群を伴うもの、また進行しすぎた過熟白内障といった合併症の可能性の高い難治性のものもすべて対応しています。特に眼内レンズを縫着固定しなければならない病態については、専門的に対応しています。さらに、一部の眼内レンズにみられるグリスニングという白濁が視機能に支障をきたす場合の眼内レンズの入れ替えも行います。

 網膜・硝子体手術についても、網膜剥離、糖尿病網膜症をはじめ黄斑上膜、黄斑円孔や、眼球破裂などの緊急手術の必要な疾患まで対応しています。

 手術に際しての入院については、病態や家庭事情等により、日帰り、入院を相談して決めています。

 手術以外では、抗VEGF療法といって、加齢黄斑変性、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、近視性黄斑症などに対しての硝子体注射の治療も幅広く手がけており、過度の硝子体出血などを併発すれば硝子体手術も行います。

外来検査機器につきましては、光干渉断層計(OCT)は最新の深達度の深いものを導入し、造影検査についても通常のフルオレセインのみならずインドシアニングリーンによる脈絡膜新生血管の検察なども専門的に行っています。その他一般的な眼科診療に必要なものはそろっています。
 

 眼科研修を考えている研修医の先生へ

 平成26年8月に、日本眼科学会より専門医制度研修施設として認定を受けましたので、初期研修の修了した専攻医の臨床教育が行えるようになりました。地域の基幹病院ですので症例は幅広く、診療技術や特に手術指導については、順序立てて論理的に理解を深め取り組めるように配慮していますので、ゼロからのスタートは特に大歓迎です。他科との連携も風通しがよくスムーズです。随時見学等受け付けていますので、興味がありましたら遠慮なく相談してください。

 医師紹介

医師 役職 資格
板谷 浩志 眼科部長 日本眼科学会専門医

お問い合わせ
西脇病院 事務局 病院総務課
TEL:0795-22-0111
FAX:0795-23-0699
byoin@hospital.city.nishiwaki.lg.jp

 

ページトップへ