診察科目一覧

麻酔科

 

 診療科の特徴と診療内容

 患者さんが手術を受ける場合、痛みを和らげたり、取り除くために、麻酔を受ける必要があります。局所麻酔による皮膚表面の麻酔だけで手術が行えるときには、外科医が局所麻酔を行いますが、全身麻酔(手術中に意識を一時的に失わせ、痛みをとること)が必要な場合、麻酔科医が全身麻酔管理を行います。
 
 麻酔科の仕事は、「患者さんに安全に快適に手術を受けていただくこと」にあります。近年、外科手術の進歩とともに、手術時に過大な侵襲が患者さんの体に影響を与えます。患者さんが既往症を持っている場合、さらに術後重篤な合併症を併発する可能性があります。麻酔科医は、手術時の意識をとり、眠っているような状態で痛みのあまり感じなくすることだけでなく、薬剤や輸液投与で血圧や脈拍を安定させ、外科的侵襲をできるだけ軽減し、手術前の既往症の治療から手術中の全身管理、術後管理を通じて、術後早期に日常生活に戻れるように、手助けをするのが仕事であります。そのために、特別のトレーニングを積んだ麻酔専門医が手術前の診察から、手術前の全身状態や手術の種類にあわせて最適な麻酔計画を立て、手術中はいろいろなモニターを使用した全身管理から術後管理まで、外科手術の影響からの早期に回復するまで適切な治療を行います。 

 手術を受けられる患者さんは、いろいろ不安でいっぱいだと思います。その不安を少しでも軽減し、外科医と協力して最高の手術結果が得られるよう安全で質の高い麻酔を提供することが、私たち麻酔科の診療目標です。
 

◎ 診療内容

 当院は、日本麻酔科学会が定める麻酔専門医をもつ常勤医3名と神戸大学麻酔科らの非常勤医師とともに、全身麻酔による診療にあたっており、年間の全身麻酔症例は、約1,000件です。

◎ 麻酔前診察

 安全で質の高い全身麻酔を行うために、麻酔科医は患者さまがどのような病歴および治療歴をもっているかどうかを、問診、診察、術前検査(血液検査、胸部X線写真、心電図、呼吸機能検査など)を通して確認します。また、患者さまの内科的合併症の程度によっては、専門家(たとえば循環器内科医など)にコンサルテーションを依頼する場合もあります。このような術前の医学的評価に基づき、麻酔科医は、患者さまの状態に最適な麻酔方法を決定し、 患者さまに麻酔計画の説明を行います。麻酔方法の決定には、患者さまや外科医の希望も考慮しますが、患者さまの安全が第一に優先されます。当院では、患者さまやご家族に麻酔のことをご理解いただいたうえで、手術同意書と同じように「麻酔同意書」を患者さま本人(未成年者や意識障害のある方の場合は ご家族などの代理人)から手術前にいただいています。 

◎ 手術中

 手術中、麻酔科医が患者さまのそばから離れることはありません。麻酔科医は、手術の進行状況に応じて、適切な量の麻酔薬を投与し、患者さまが手術中に痛みやストレスを感じないように管理しています。それだけでなく、さまざまなモニターを用いながら、患者さまの全身状態を常に厳重に監視し、患者さまの生命機能をできる限り正常に維持するための治療や処置(血圧や心拍数のコントロール、人工呼吸、輸液や輸血、体温保持など)を 行っています。

◎ 術後回診

 麻酔に関する合併症が、病棟に帰室してから明らかになる場合があります。担当麻酔科医が術後回診を行うので、手術中の麻酔に関して、何かご不明な点、お困りの点があれば、遠慮なくお知らせください。
 

メッセージ

 西脇市立西脇病院麻酔科は、手術室での患者管理・治療という周術期医療の領域で、「患者さまだけでなく仲間の医療従事者からも信頼される医師であること」を目指して研鑽している医師の集団です。「志を同じくする」仲間を集めて、日々の臨床を行っていきたいと考えています。

 そのために、以下の3つのことを大切にしています。

 1.臨床を大切にする。
   臨床家として「自信を持って患者さまを治療できるように、日々努力する」。
   そのために生理学や臨床薬理学などの基礎医学を基本に麻酔科学を実践する。

 2.One for all、 all for one
   お互い助け合う気持ちを持って、お互いの夢に向かって頑張る。

 3.Feels so happy
   みんなが楽しいことや、喜んでもらえることは長続きする。こんな風に仕事をして、仲間と生きていく。


 さらに、研究にも力を入れています。
 研究の動機は、「なんで、どうして、そうなるの?」などの臨床上の疑問を解決するため、新しいことを発見すること自体が楽しい、などの知的好奇心から、「世の中の役に立ちたい、社会がかかえる問題の解決に貢献したい」などの使命感など、人さまざまであると思います。そのために、臨床研究であれ基礎研究であれ、研究することで新しいことを発見したり創造したりすることも大切です。「昨日まで世界になかった医療を明日に」を合言葉に、基礎研究から臨床医学への応用を念頭に、基本に立ち返り(Back to the basic with innovative manner)、病態の解明や新しい治療法の開発を行う研究を通じて、研究心を持った臨床医を育成します。旺盛な研究心を持つ麻酔科医を応援します。
 興味のある方はご連絡ください。
 

活動業績

◎2015

<論文>
欧文(原著)

1. Tomomi Suehara, Jun Morishita, Masaaki Ueki, Masaki Ueno. Effects of sevoflurane
exposure during late fetal period on developing brain in mice. Pediatr Anesth.
2016. 26:52-9.

2. Mari Ishida, Masaaki Ueki, Jun Morishita, Masaki Ueno, Shunichi Shiozawa, Nobuhiro Maekawa.
T-5224, a selective inhibitor of c-Fos/activator protein-1, improves survival by inhibiting serum
high mobility group box -1 in lethal lipopolysaccharide-induced acute kidney injury model. J Intesive
Care. 2015. 3:49.

<学会発表>
学会発表(国内学会)

1. 植木 正明, 森下 淳, 前川 信博. c-Fos/activator protein-1選択的阻害剤はモノクロタリン誘発肺高血圧を抑制する. 日本麻酔科学会第62回学術総会. 2015.5.28, 神戸.

2. 植木 正明, 森下 淳, 前川 信博. 胎児脳発達時期のイソフルラン曝露が脳発達機能に及ぼす影響 (優秀演題賞). 日本麻酔科学会第62回学術総会. 2015.5.29, 神戸.

3. 植木 正明, 森下 淳, 前川 信博.妊娠中の母体への100%酸素投与は胎児の脳神経障害を引き起こす (優秀演題賞).日本麻酔科学会第62回学術総会. 2015.5.29, 神戸.

4. 鷲尾輝明, 植木正明, 外間之貴, 石島 周, 前川信博.手術室看護師による気管理トレーニング.日本麻酔科学会第61回関西支部学術集会.2015.9.5, 大阪.

5. 西村与志郎, 植木正明, 安藤維洋, 岡田直己, 西村祐翼, 比森千博, 大坪里織, 山田克己, 前田祐仁, 西山 隆. 成人マウスの低酸素症に対する100%酸素蘇生は炎症とアポトーシスを惹起する. 第43回日本集中治療医学会学術集会. 2016.2.13, 神戸.

<研究助成金>

1.  西山 隆、植木正明. 成人低酸素症時の100%酸素蘇生による脳高次機能に及ぼす影響とその治療
法の確立
. 文部省科学研究費補助金. 基盤研究(C). 平成27年度.

◎2014年

<論文>
欧文(原著)
1. Miki T, Yokoyama T, Kusaka T, Suzuki S, Ohta K, Warita K, Wang ZY, Ueki M, Sumitani K, Bellinger FP, 
Tamai M, Liu JQ, 
Yakura T,Takeuchi Y. Early postnatal repeated maternal deprivation causes a transient increase in
OMpg and BDNF in rat cerebellum suggesting precocious myelination. J Neurol Sci. 2014. 336:62-67.

2.  
Miki T, Kusaka T, Yokoyama T, Ohta K, Suzuki S, Warita K, Jamal M, Wang ZY, Ueki M, Liu JQ, Yakura
T, Tamai M, 
Sumitani K,Hosomi N, Takeuchi Y
 Short-term ethanol exposure causes imbalanced neurotrophic  
factor allocation in the basal forebrain cholinergic system: A novel insight into understanding the initial
processes of alcohol addiction.
   J Neural Transm. 2014. 121:201-210.

 

和文(Proceeding

1. 植木正明. 発達期の脳に対する麻酔薬の影響. 麻酔. 2014. 63:S37-S43.

<著書>

1. 植木正明(分担). 高齢者のリスク評価と手術予後. P79-94. 高齢者の周術期管理. 澄川耕二編者. 克誠堂出版. 2014.

<学会発表>
特別講演(国内学会)

1. 植木正明. 発達期の脳に対する麻酔薬の影響. 日本麻酔科学会第61回学術総会. 2014.5.15. 2014.

学会発表(国内学会)

1. 植木正明、牛尾 将洋、森下 淳、前川 信博エリスロポイエチンは出生時低酸素症時のイソフルラン曝露による脳神経発達障害を改善する. 日本麻酔科学会第61回学術総会. 2014.5.16. 横浜 (最優秀演題賞受賞)

2. 植木正明、牛尾 将洋、森下 淳、前川 信博エリスロポイエチンは出生時低酸素症に対する100%酸素蘇生後の脳神経発達障害を改善する. 日本麻酔科学会第61回学術総会. 2014.5.16. 横浜(優秀演題賞受賞)

3. 植木正明、牛尾 将洋、森下 淳、前川 信博. イソフルランは未熟脳から成熟脳へのスイッチに影響し、脳神経発達障害を引き起こす(優秀演題賞受賞)

4. 牛尾 将洋、植木正明、森下 淳、前川 信博.  在胎期の仔マウスへのミダゾラム暴露が脳神経に与える影響.  日本麻酔科学会第61回学術総会. 2014.5.16, 横浜 

5. 柘植江里香、牛尾 将洋、溝渕 知司、前川 信博. 経鼻挿管におけるビデオ喉頭鏡の有用性に関する検討.  日本麻酔科学会第61回学術総会. 2014.5.17, 横浜 

6. 森下 淳, 植木正明前川信博. マウス幼若期のミダゾラムおよびデクスメドトミンの反復投与が脳神経発達に及ぼす影響. 日本麻酔科学会第61回学術総会. 2014.5.16、横浜

7. 植木正明、森下 淳、前川信博.  低酸素症時の0.5%セボフルラン麻酔は脳神経発達障害を引き起こさない.  日本小児麻酔学会第20回大会. 2014.9.23、札幌

8. 植木正明前川信博外間之貴石島 周. バーチャル気管支ファイバーナビゲーションー上気道系3D CTを撮ろう. 日本臨床麻酔学会第34回大会. 2014.11.2、東京

9. 鷲尾輝明、清水大介、南澤 聡、坂本昇太郎、高野貴司、前川信博、曲淵達雄. マニュキュアはパルスオキシメーターの測定値に影響するか? 日本臨床麻酔学会第34回大会. 2014.11.3、東京

<研究助成金>

1. 植木正明. 神経発達障害機序とその治療法の確立. 文部省科学研究費補助金. 挑戦的萌芽研究. 平成26年.


◎2013年

<論文>
欧文(原著)
1. Masaaki Ueki, Masaki Ueno, Jun Morishita, Nobuyhiro Maekawa. D-Ribose Ameliorates Cisplatin-Induced Nephrotoxicity by Inhibiting Renal Inflammation in Mice. The Tohoku Journal of Experimental Medicine. 2013.229: 195-201
2. Masaaki Ueki, Masaki Ueno, Jun Morishita, Nobuhiro Maekawa. Curcumin Ameliorates Cisplatin-Induced Nephrotoxicity by Inhibiting Renal Inflammation in Mice. J Biosci Bioeng. 2013. 115:547-551
3. Miki T, Lee KY, Yokoyama T, Liu JQ, Kusaka T, Suzuki S, Ohta K, Warita K, Jamal M, Ueki M, Yakura T, Hosomi N, Takeuchi Y. Differential effects of neonatal maternal separation on the expression of neurotrophic factors in rat brain. II: Regional differences in the cerebellum versus the cerebral cortex. Okajimas Folia Anat Jpn. 2013. In press.
4. Takanori Miki, Jun-Qian Liu, Ken-ichi Ohta, Shingo Suzuki, Takashi Kusaka, Katsuhiko Warita, Toshifumi Yokoyama, Mostofa Jamal, Masaaki Ueki, Tomiko Yakura, Motoki Tamai, Kazunori Sumitani, Naohisa Hosomi, Yoshiki Takeuchi. Early postnatal maternal separation causes alterations in the expression of b3-adrenergic receptor in rat adipose tissue suggesting long-term influence on obesity. BBRC (Biochemical and Biophysical Research Communications). 2013. 442:68-71.
 
<学会発表>
特別講演(国内学会)
1. 植木正明.  麻酔薬の発達期の脳に及ぼす影響. 日本小児麻酔学会第19回大会. 2013.9.29. 2013.
 
学会発表(国内学会)
1. 植木正明、牛尾 将洋、森下 淳、前川 信博. 出生時低酸素症に対する100%酸素による蘇生は脳神経発達障害を引き起こす. 日本麻酔科学会第60回学術総会. 2013.5.24. 札幌 (優秀演題賞受賞)
2. 植木正明、牛尾 将洋、森下 淳、前川 信博. 低酸素症時の吸入麻酔薬による全身麻酔は脳神経発達障害を引き起こす(優秀演題). 日本麻酔科学会第60回学術総会. 2013.5.24. 札幌 (優秀演題賞受賞)
3. 牛尾 将洋、植木正明、森下 淳、前川 信博. 在胎期の仔マウスへのミダゾラム暴露が脳神経に与える影響. 日本麻酔科学会第60回学術総会. 2013.5.23, 札幌
4. 植木正明, 森下 淳, 牛尾将洋, 渡辺友紀子, 西山 隆. EUK-134は出生時低酸素症への100%酸素蘇生による学習障害を軽減する. 第41回日本集中治療医学会学術総会. 2014.2.28、京都
 
<研究助成金>
1. 植木正明、胎児仮死時の帝王切開時の吸入麻酔薬による全身麻酔の安全性の再評価. 文科省科学研究費補助金. 挑戦的萌芽研究. 平成25年.

  

◎2012年

<論文>
欧文(原著)
1. Kyoung-Youl Lee, Takanori Miki, Toshifumi Yokoyama, Masaaki Ueki, Katsuhiko Warita, Shingo Suzuki, Ken-Ichi Ohta, Zhi-Yu Wang, Mostofa Jamal, Tomiko Yakura, Jun-Qian Liu, Naohisa Hosomi, Yoshiki Takeuchi. Neonatal repetitive maternal separation causes long-lasting alterations in various neurotrophic factor expression in the cerebral cortex of rats. Life Sci. 2012. 90:578-584.
2. Shinichiro Izuta, Masaaki Ueki, Masaki Ueno, Kahoru Nishina, Shunichi Shiozawa, Nobuhiro Maekawa. T-5224, a selective inhibitor of c-Fos/activator protein-1, attenuates lipopolysaccharide-induced liver injury in mice. Biotechnol Lett. 2012. 34:2175-2182.
3. Yuki Miyawaki1, Masaaki Ueki, Masaki Ueno, Takehiko Asaga, Masaaki Tokuda, Gotaro Shirakami.     D-allose ameliorates cisplatin-induced nephrotoxicity in mice. The Tohoku J Exp Med. 2012. 228:215-221.
4. Hiroyuki Miyazaki1, Jun Morishita, Masaaki Ueki, Kahoru Nishina, Shunichi Shiozawa, Nobuhiro Maekawa. The effects of a selective inhibitor of c-Fos/activator protein-1 on endotoxin-induced acute kidney injury in mice. BMC Nephrology. 2012. 13:15
 
<学会発表>
学会発表(国際学会)
1. Hiroyuki Miyazaki, Jun Morishita, Kahoru Nishina, Masaaki Ueki, Nobuhiro Maekawa. Effects of a Selective Inhibitor of C-Fos/activator Protein-1 on Downstream Mediators Induced by TNF-α. American Society of anesthesiologists 2012 Annual Meeting. Washington D.C. USA 2012.10.16.
2. Jun Morishita, Tomomi Suehara, Masahiro Ushio,Kahoru Nishina, Masaaki Ueki, Nobuhiro Maekawa. Effects of Repeated Midazolam Administration to Newborn Mice on Their Neuronal Development. American Society of anesthesiologists 2012 Annual Meeting. Washington D.C. USA 2012.10.15.
3. Tomomi Suehara, Jun Morishita, Masahiro Ushio, Kahoru Nishina, Masaaki Ueki, Nobuhiro Maekawa. Effects of Exposure to Sevoflurane During Fetal Period on Neural Development in Mice. American Society of anesthesiologists 2012 Annual Meeting. Washington D.C. USA 2012.10.15.
4. Masahiro Ushio, Jun Morishita, Tomomi Suehara, Kahoru Nishina, Masaaki Ueki, Nobuhiro Maekawa. Effects of Fetal Exposure to Midazolam on Developing Brain in Mice. American Society of anesthesiologists 2012 Annual Meeting. Washington D.C. USA 2012.10.15.
 
学会発表(国内学会)
1. 植木正明、出田眞一郎、森下 淳、仁科かほる、前川信博. クルクミンはTNF alphaを抑制し、シスプラチン腎障害を軽減する. 第39回日本集中治療医学会学術集会. 2012.2.29. 幕張.
2. 植木正明、前川信博、出田眞一郎. D-リボースはTNF-alphaを抑制し、敗血症性肝障害を軽減する. 第59回日本麻酔科学会学術集会. 2012.6.8. 神戸.
3. 植木正明、森下 淳、魚川礼子、上嶋江利、前川信博. エリスロポイエチンは2.9%イソフルラン曝露後の仔マウスの脳神経発達を軽減する. 第59回日本麻酔科学会学術集会. 2012.6.8. (最優秀演題賞受賞、3年連続受賞)神戸.
4. 谷内 薫, 魚川礼子, 植木正明, 前川信博.筋強直性ジストロフィー合併妊婦の緊急帝王切開の麻酔. 日本麻酔科学会第58回関西支部学術集会. 2012.9.1. 大阪.
 
5. 西村太一, 森下 淳, 大菊麻貴子, 植木正明, 前川信博. 緊急卵巣腫瘍摘出術を施行した抗NMDA受容体脳炎の一例. 日本麻酔科学会第58回関西支部学術集会. 2012.9.1. 大阪.
 
6. 篠崎裕美, 魚川礼子, 植木正明, 前川信博. 慢性期高位脊髄損傷合併妊婦の帝王切開術の麻酔経験. 日本麻酔科学会第58回関西支部学術集会. 2012.9.1. 大阪.
 
<研究助成金>
1. 植木正明、妊娠中の吸入麻酔薬暴露が出生後の仔の脳神経発達に及ぼす影響. 文科省科学研究費補助金. 基盤研究(C). 平成22年〜24年.
2. 魚川礼子、植木正明.妊娠中の吸入麻酔薬暴露が出生後の仔の脳神経発達に及ぼす影響. 文科省科学研究費補助金. 挑戦的萌芽研究. 平成23年〜24年.
 

医師紹介

医師 役職 資格
植木 正明 麻酔科主任部長
ICU・CCU治療部長
日本麻酔科学会指導医・専門医、日本集中治療医学会専門医
     
     
     

 
お問い合わせ
西脇病院 事務局 病院総務課
0795-22-0111
0795-23-0699
byoin@hospital.city.nishiwaki.lg.jp

 

ページトップへ