診察科目一覧

歯科・歯科口腔外科

 

 診療科の特徴と診療内容

 北播磨地区における歯科二次医療機関として、機能と役割を明確にして歯科医療を担っています。
 歯科・歯科口腔外科を標榜し、歯牙や歯周組織に起因する疾患だけでなく、上下顎骨に発生する疾患及び、それを取り巻く咀嚼筋や顎関節の疾患や顎口腔領域に生じる様々な疾患の診断と治療を専門に行っています。
 歯科口腔外科として取り扱ってきた疾患は、顎骨骨折などの顎顔面外傷、口腔領域感染症、口腔粘膜の疾患、口腔領域の腫瘍と嚢胞、顎関節症などを中心に治療を行っています。また、基礎疾患や合併症を有した患者の一般歯科治療も行っています。
 初診患者のうち口腔外科疾患が約3分の2を占め、初診患者の口腔外科疾患分類では、炎症、抜歯(智歯、埋伏歯を含む)、外傷、嚢胞、粘膜疾患、顎関節症、変形奇形、腫瘍の順となっています。

◎ 手 術 日

    入院手術日   : 水曜日

    外来小手術日 : 月、火、木、金曜日

 

 地域医療機関の先生方へ

 

 全国に先駆けて、兵庫県と兵庫県歯科医師会による病診連携推進事業のモデル病院の第一号に西脇病院歯科口腔外科が策定されました。多くの皆様に病院歯科を理解していただく機会が与えられたと思っております。地域の中核病院歯科の勤務医として使命と自負を実感しました。多くの関係者の皆様にお世話になり、今日の病院歯科があると思われます。

 

 

 今後は、歯科治療の北播磨の地域支援システムを構築し、そのシステムを強力に推進する必要性があると思われます。患者にとって適切な医療が最適な医療機関で受けられることを基本とした医療連携は、西脇病院歯科口腔外科だけで進めるものではなく、患者、地域住民、行政(国・県・地方自治体)、大学、医師会、薬剤師会、看護協会、衛生士会、介護関連施設や歯科医師会などの協力体制下に取り組むことが重要と思われます。連携する相互で医療情報交換が円滑に行える環境を整備することがシステム構築につながり、ネットワーク化した医療連携が機能する結果、役割分担が明確になり、紹介や逆紹介がスムースになると思われます。患者にとって利便性・快適性・対話性が増し、医療機関にとっては継続性・包括性・専門性がより充実されると考えられます。

 

 当院に口腔外科の専門職として勤務し、病院歯科勤務医の道を着実に歩むことができたと思いたいです。皆様のご理解と温かい見守りとご支援のなかで充実した時間を皆様とともに学び、そして有意義な時間をスタッフとともに過ごせたことに感謝したいと思います。これからも一層のご教示とご支援をいただきますようお願い申し上げます。

医師紹介

医師 役職 資格
谷垣 信吾 歯科口腔外科主任部長  
宮井 大介 歯科口腔外科部長  日本口腔外学会専門医

スタッフ

職 種 氏 名
歯科衛生士 松本 香
歯科技工士 広田 信幸

  

お問い合わせ
西脇病院 事務局 病院総務課
TEL:0795-22-0111
FAX:0795-23-0699
byoin@hospital.city.nishiwaki.lg.jp

 

ページトップへ