平成27年度 西脇市立西脇病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 366 128 141 225 273 445 972 1465 1474 362
70歳以上が過半数以上占めており、地域医療の中核病院として診療機関の連携・地域の医療機関との連携をはかり、医療の提供を積極的に行っています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)手術なし手術・処置等2なし 233 15.69 14.34 5.58 76.66
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症手術なし 101 18.20 12.60 10.89 81.23
040081 誤謬性肺炎手術なし手術・処置等2なし副傷病なし 91 19.63 21.69 12.09 82.10
肺炎に関しては、呼吸器専門医と協働して、市中肺炎・誤嚥性肺炎などの治療を行っている。尿路感染症に関しては高齢者が多い為と考えます。
精神科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
170040xxxxxxxx 気分【感情】障害 20 10.70 21.79 0.00 52.20
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満)手術なし手術・処置1なし手術・処置等2なし副傷病なし 1 7.00 15.80 100.00 77.00
010140xxxxx0xx 筋疾患(その他)手術・処置等2なし 1 12.00 11.53 0.00 44.00
気分[感情]障害、うつ病に関して、精神科電気けいれん療法などの治療を行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 3.61 3.07 0.00 71.04
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 15.89 18.30 5.26 74.58
050130xx9901xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 8 32.88 20.16 25.00 85.00
最も多い入院症例は狭心症などに対する心臓カテーテル検査で、その次に多いのが慢性心不全に対する治療です。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 95 8.31 6.17 0.00 0.00
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 55 5.60 5.72 1.82 1.42
100380xxxxxxxx 体液量減少症 21 5.29 9.18 0.00 3.24
新生児入院が最も多く、新生児黄疸による光線療法が行われている。その次に多いのが急性気管支炎と喘息性気管支炎に対する治療です。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 34 12.65 7.84 0.00 64.09
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 19 20.00 17.41 0.00 71.05
060020xx01x0xx 胃の悪性腫瘍 胃全摘術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 16 27.25 20.63 0.00 72.69
胆嚢炎、結腸の悪性新生物、胃の悪性新生物の症例順となります。該当症例の手術に関しては、患者様の負担の少ない腹腔鏡下で行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 68 28.31 28.70 70.59 79.96
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 51 32.47 21.52 47.06 76.45
07040xxx01xx0x 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 副傷病なし 18 39.11 24.95 38.89 74.56
大腿骨頚部骨折に対し、リハビリテーション室へのスムーズなリハビリ転院促進を図っています。胸腰椎骨折損傷、股関節骨頭壊死、股関節症、人工関節再置換術等の平均在院日数が多いのは重篤な術後感染症が原因となっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 138 15.41 18.08 29.71 74.52
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 76 8.13 7.52 6.58 54.38
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 73 9.70 10.02 2.74 77.45
脳梗塞が最も多く症例内訳は、アテローム血栓性脳梗塞、ラクナ梗塞、心原性脳塞栓性が上位を占めています。その次は硬膜下血腫(慢性、急性、外傷性を含む)です。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 41 15.73 20.87 7.32 29.71
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 26 14.19 10.18 0.00 46.27
120140xxxxxxxx 流産 19 1.16 2.34 0.00 34.84
最も多い症例が切迫早産でその次が子宮筋腫、卵巣嚢胞です。流産に関しては稽留流産が最も多く、母体保護法に準拠して処置しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 11 2.91 8.62 0.00 60.73
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり 6 2.33 3.43 0.00 71.17
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 5 4.00 11.08 0.00 54.00
眼科において最も多い入院症例は、白内障に対する手術を受ける患者様ですが、短期の為DPC対象外となっています。次に多いのが糖尿病性増殖性網膜症に対する治療です。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 50 7.46 8.97 0.00 76.00
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 20 3.95 4.38 0.00 48.05
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 14 10.29 11.97 0.00 64.07
帯状疱疹の抗ウイルス剤の投与は7日以内とされており、全体的に全国平均在院日数と比べると妥当な日数となっています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 4 15.25 7.59 0.00 75.50
110080xx9901xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 3 9.00 13.01 0.00 77.00
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 2 21.00 14.03 0.00 71.50
膀胱癌と前立腺癌に対する治療が主で、膀胱癌はTUR-BT、前立腺癌は手術と化学療法です。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 18 16 15 32 8 19 1 7
大腸癌 22 20 32 68 7 34 1 7
乳癌 3 36 2 7 2 10 1 7
肺癌 1 5 13 47 10 25 1 7
肝癌 0 0 4 5 0 29 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
初発、再発合わせて大腸癌の患者様が最も多く、次いで胃癌、肺癌となっています。大腸癌や胃癌、肺癌ではⅣ期の患者様が多く化学療法、放射線治療等、終末期医療緩和ケアを行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 28 10.04 58.71
重症度 1 64 13.97 76.39
重症度 2 53 18.55 81.09
重症度 3 28 19.86 80.86
重症度 4 6 22.33 77.33
重症度 5 5 5.80 89.00
不明 0 0 0
市中肺炎は、重症度分類(A-DROPシステム)では「中等症」の患者様が最も多く平均年齢も70歳後半から80歳を超え、高齢者の方ほど重症化しやすいと推定されます。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 19 6.68 70.05 0.00
その他 15 5.80 76.00 0.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 1 4.00 84.00 0.00
その他 0 0.00 00.00 0.00
I63$ 脳梗塞 3日以内 286 20.42 75.30 37.79
その他 13 17.69 74.38 1.67
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 7 5.29 71.86 0.00
その他 29 6.83 73.34 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 1 2.00 59.00 0.00
その他 14 9.36 64.93 0.00
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 1 3.00 35.00 0.00
その他 6 7.17 45.17 0.00
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0.00 00.00 0.00
その他 0 0.00 00.00 0.00
「脳梗塞」と診断された患者様の約8割が3日以内でした。大部分の患者様は発症当日救急搬送されるか、自身で来院されています。急性期治療終了後7割の患者様が自宅復帰されています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 57 3.02 2.86 0.00 75.05
K610-3 内シャント設置術 32 6.88 19.25 3.13 69.28
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 28 3.32 21.68 14.29 78.39
結腸ポリープに対する内視鏡的粘膜切除術の症例数が1位を占め、末期腎不全に対する内シャント設置術が2位、胆管閉塞に対しての内視鏡ステント留置術が3位となっています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 7 1.57 5.43 0.00 76.29
K597-2 ペースメーカー交換術 4 2.00 11.00 0.00 85.00
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 3 4.67 14.67 0.00 81.00
狭心症に対しての経皮的冠動脈ステント留置術、洞不全症候群に対してのペースメーカ留置術を行っています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K300 鼓膜切開術 1 0.00 5.00 0.00 3.00
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの 1 0.00 6.00 0.00 0.00
小児科入院時の併存病名として急性化膿性中耳炎を発症されており、その際耳鼻咽喉科外来にて鼓膜切開をされています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 60 1.20 47.28 0.00 64.92
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 47 0.17 1.02 0.00 72.06
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 43 5.95 10.72 0.00 65.72
手術件数で最も多いのはヘルニア手術、内視鏡的結腸ポリープ、粘膜切除、腹腔鏡下胆嚢摘出術の順になります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨) 57 2.09 25.51 63.16 80.60
K0821 人工関節置換術(肩) 39 4.03 32.31 28.21 75.41
K0811 人工骨頭挿入術(肩) 26 3.58 25.08 73.08 75.88
骨折観血的手術のうち、高齢者の大腿骨頚部骨折が多く、内科的合併症を有する高齢者に対応している為、在院日数が増えています。人工関節再置換術、人工骨頭挿入術も高齢者に対応している為、在院日数が増えています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 65 0.83 9.94 7.69 78.68
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 29 7.45 39.55 17.24 63.59
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 22 3.59 12.32 13.64 72.73
頭蓋内腫瘍摘出術の内訳は、悪性脳腫瘍、転移性脳腫瘍、悪性リンパ性髄膜腫でした。悪性脳腫瘍に関しては、術後治療が必要な為、在院日数が長くなる傾向にあります。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 30 1.00 12.40 0.00 47.97
K9091 流産手術 妊娠11週までの場合 18 0.06 0.00 0.00 34.89
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 開腹によるもの 11 0.82 11.00 0.00 43.36
子宮全摘術では、大半が子宮筋腫です。流産手術では母体保護法の下、慎重に行われています。附属器とは卵巣や卵管を意味しますが、大半が卵巣嚢胞によるものです。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 153 0.07 1.23 0.00 75.46
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 15 0.00 1.80 0.00 68.47
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術 その他のもの 14 0.00 2.29 0.00 61.71
水晶体再建術では白内障によるもので、硝子体顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの)では、網膜剥離、糖尿病性網膜症によるもので、(その他)に関しては、硝子体出血でした。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 17 0.94 5.88 0.00 79.41
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3センチメートル以上6センチメートル未満 8 1.00 1.25 0.00 43.88
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル以上4センチメートル未満 5 1.00 1.20 0.00 55.80
皮膚悪性腫瘍切除術では、高齢者に多い有棘細胞癌、基底細胞癌、ボーエン病でした。良性腫瘍は粉瘤、脂肪腫がほとんどです。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 5 3.80 10.20 0.00 77.60
K821 尿道狭窄内視鏡手術 2 1.00 4.00 0.00 61.50
K843 前立腺悪性腫瘍手術 2 2.00 18.00 0.00 71.50
膀胱癌に対する経尿道的手術(TUR-BT)電解質溶液利用は、合併症が少ないとされている生理食塩水を還流液として用いています。後は、尿道狭窄症と前立腺癌に対する手術が行われています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.02
異なる 13 0.22
180010 敗血症 同一 29 0.50
異なる 33 0.56
180035 その他の真菌感染症 同一 3 0.05
異なる 8 0.14
180040 手術・処置等の合併症 同一 36 0.62
異なる 3 0.05
厚生労働省による平成26年度のDPC対象全国平均はDIC(番腫性血管内凝固)・・・0.17%、敗血症・・・0.56%、その他の真菌性・・・0.04%、手術・処置等の合併症・・・0.70%であり、術後合併症を除いて残り3項目が全国平均以上です。
更新履歴