平成29年度 西脇市立西脇病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 188 98 153 202 282 397 1071 1460 1519 488
70歳以上が過半数以上占めており、地域医療の中核病院として診療機関の連携・地域の医療機関との連携を計り、医療の提供を積極的に行っています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 116 18.63 20.83 16.38 82.96
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 115 14.62 12.34 6.09 79.28
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 90 20.28 17.71 12.22 85.51
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 79 5.03 5.15 0.00 66.96
100380xxxxxxxx 体液量減少症 72 7.93 9.16 2.78 66.46
尿路感染症、誤嚥性肺炎、心不全に関しては高齢者が多い為と考えます。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 3.14 3.03 4.55 72.82
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 19.92 17.71 16.67 84.83
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 5.18 4.62 0.00 73.45
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 3.50 3.19 0.00 71.00
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 3 2.00 7.71 0.00 53.33
最も多い入院症例は狭心症などに対する心臓カテーテル検査で、その次に多いのが慢性心不全に対する治療です。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 81 8.63 6.18 0.00 0.00
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 15 10.67 11.49 0.00 0.00
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 5.69 5.70 7.69 2.54
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 9 5.67 5.94 0.00 0.56
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 6 4.83 6.32 0.00 3.83
新生児入院が最も多く、新生児黄疸による光線療法が行われています。その次に多いのが小児肺炎に対する治療です。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 55 8.42 7.40 1.82 60.38
060040xx99x61x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病あり 20 5.70 8.13 0.00 60.60
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 20 8.05 5.56 5.00 37.25
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 20 2.60 4.49 0.00 66.05
090010xx99x6xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 15 5.47 4.42 0.00 61.00
胆嚢炎に対し腹腔鏡下による胆嚢摘出術の症例件数です。直腸の悪性新生物に関しては、化学療法又は対症療法に対する入院です。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 98 26.96 27.09 68.37 83.03
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 75 29.57 19.94 46.67 81.35
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 26 19.31 5.21 3.85 54.62
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺 手根管開放手術等 19 5.79 5.51 0.00 72.05
160700xx97xx0x 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 手術あり 副傷病なし 19 16.26 5.54 0.00 55.53
高齢化に伴う疾患が上位を占めています。大腿骨骨折や腰椎圧迫骨折は転倒が原因となる骨折が多い症例です。どちらの疾患も継続的なリハビリとして、リハビリ病院への転院をお願いしている為、転院率が高くなっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 98 11.33 9.68 7.14 75.71
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 84 15.71 16.38 26.19 71.81
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 70 10.47 7.34 15.71 60.63
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 51 8.24 6.32 7.84 56.08
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 42 26.62 19.10 54.76 74.26
最も多い症例は硬膜下血腫(慢性・急性・外傷性)で、その次が脳梗塞となっており、アテローム血栓症、ラクナ梗塞、心原性脳塞栓症が上位を占めています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 25 19.56 20.41 4.00 32.96
120140xxxxxxxx 流産 19 1.11 2.43 0.00 34.74
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 16 12.94 9.91 0.00 46.63
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 13 12.77 10.27 0.00 44.77
120150xx99xxxx 妊娠早期の出血 手術なし 11 10.91 12.08 9.09 29.82
最も多い症例が切迫早産です。流産に関しては稽留流産が最も多く、母体保護法に準拠して処置しています。子宮の良性腫瘍は、大半が子宮筋腫です。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 10 3.00 7.96 0.00 62.30
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり片眼 6 3.67 8.51 0.00 66.00
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 5 13.00 10.21 0.00 58.60
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 5 2.60 7.31 0.00 64.00
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼 4 2.50 6.63 0.00 63.50
眼科において最も多い症例数は白内障に対する手術を受ける患者様ですが、短期でDPC対象外となっている為、最も多い症例として糖尿病合併による増殖性網膜症に対する治療です。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 51 8.06 8.95 0.00 76.84
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 23 6.22 8.50 4.35 79.48
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 14 3.07 4.14 7.14 58.50
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 11 9.82 11.73 0.00 67.91
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 副傷病なし 3 2.67 3.58 0.00 61.97
帯状疱疹の抗ウイルス剤の投与は7日以内とされており、全国平均在院日数と比べると妥当な日数となっています。皮膚の悪性腫瘍手術は、有棘細胞癌、基底細胞癌、ボーエン病です。良性腫瘍は、大半が脂肪性、粉瘤です。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 26 6 13 56 9 8 1 7
大腸癌 19 14 39 73 11 25 1 7
乳癌 17 24 10 6 2 34 1 7
肺癌 2 4 14 44 2 70 1 7
肝癌 3 4 2 2 0 5 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
初発、再発合わせて大腸癌の患者様が最も多く、次いで肺癌、胃癌となっています。大腸癌や胃癌、肺癌ではⅣ期の患者様が多く、化学療法、放射線療法、終末期医療緩和ケアを行っています。再発に関しては、肺癌、乳癌、大腸癌の順になっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 35 10.00 56.03
中等症 125 17.97 83.12
重症 34 20.26 82.12
超重症 12 15.58 82.67
不明 0 0.00 0.00
市中肺炎は、重症度分類では「中等症」の患者様が最も多く、平均年齢も80歳を超え、高齢者の方ほど重症化しやすいと推定されます。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 306 24.59 77.52 38.10
その他 9 19.78 75.00 0.95
脳梗塞と診断された患者様の9割以上が3日以内でした。大部分の患者様は発症当日救急搬送されるか、自身で来院されています。急性期治療後6割の患者様が自宅復帰されています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 141 1.84 2.19 0.00 68.35
K654 内視鏡的消化管止血術 40 2.35 19.00 20.00 76.20
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 33 3.91 12.91 6.06 76.85
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 30 5.93 19.30 10.00 80.27
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 24 13.21 18.29 4.17 71.08
結腸ポリープ切除後のフォロー入院が1位で、胃潰瘍、食道静脈瘤等に対しての止血術が2位で、胆道系疾患に対しての乳頭切開術が3位となっています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 10 1.00 3.30 0.00 73.80
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 3 3.67 11.67 0.00 75.33
K331 鼻腔粘膜焼灼術 1 10.00 11.00 0.00 93.00
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 1 1.00 2.00 0.00 70.00
K597-2 ペースメーカー交換術 1 7.00 28.00 100.00 92.00
狭心症に対して経皮的冠動脈ステント留置術、洞不全症候群に対してのペースメーカー留置術を行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 59 2.86 5.71 1.69 59.75
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 58 1.55 3.40 0.00 71.33
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 39 0.31 1.00 0.00 72.26
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 24 7.92 18.33 4.17 74.83
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 15 1.67 4.93 0.00 31.33
手術件数で最も多いのは、胆嚢摘出術(腹腔鏡)、ヘルニア手術(腹腔鏡)、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術の順になります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 95 2.19 26.58 57.89 82.27
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 40 4.45 25.00 5.00 62.35
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 28 3.39 33.39 14.29 71.71
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他) 26 3.46 16.46 7.69 55.81
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 26 2.27 27.46 65.38 79.46
骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨)以外は、高齢の方が多く、転倒による骨折や、股、膝の変形関節症の人工関節置換術、骨粗しょう症などで骨の弱い方にも手術方法を選んで行っています。継続的にリハビリが必要な場合は、回復期の病院で治療できるよう病院間で連携しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 81 0.47 12.62 12.35 78.47
K178-4 経皮的脳血栓回収術 34 0.06 27.82 41.18 82.32
K178-2 経皮的脳血管形成術 32 2.22 23.13 40.63 70.78
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 26 3.15 12.15 11.54 76.42
K1781 脳血管内手術(1箇所) 17 0.41 39.29 23.53 68.06
頭蓋内血腫に対して行われる穿孔洗浄術が1位を占め、頭蓋内血管の狭窄症、脳動脈瘤等の血管内手術が2位、3位を占めています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 19 0.00 0.05 0.00 34.84
K877 子宮全摘術 18 1.00 11.39 0.00 50.83
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 12 0.75 10.92 0.00 43.00
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 6 1.00 8.83 0.00 41.50
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) 4 1.00 11.25 0.00 69.00
流産手術が1位を占め、母体保護法に準拠して処置しています。子宮全摘術では子宮筋腫が大半で、子宮附属器腫瘍摘出術では卵巣嚢胞が大半です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 167 0.08 1.48 1.20 74.63
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 23 0.00 3.48 0.00 63.65
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 6 0.00 7.00 0.00 54.00
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズを挿入するもの) 4 0.00 1.50 0.00 72.75
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 3 0.00 2.33 0.00 70.33
水晶体再建術では白内障によるもので、硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む)(その他)では、網膜剥離、糖尿病性網膜症、硝子体出血です。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 25 0.88 4.36 4.00 79.76
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 6 1.00 1.33 0.00 65.33
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) 6 1.00 1.33 0.00 46.50
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) 5 0.80 1.00 20.00 57.80
K0152 皮弁作成術、移動術、切断術、遷延皮弁術(25〜100cm2未満) 2 1.00 3.00 0.00 79.50
皮膚悪性腫瘍切除術では、高齢者に多い有棘細胞癌、基底細胞癌、ボーエン病です。良性腫瘍は、大半が脂肪型、粉瘤です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 3 0.05
異なる 6 0.10
180010 敗血症 同一 37 0.63
異なる 38 0.65
180035 その他の真菌感染症 同一 2 0.03
異なる 2 0.03
180040 手術・処置等の合併症 同一 34 0.58
異なる 1 0.02
膰腫性血管内凝固(DIC)は肺炎や敗血症などに合併することが多く、敗血症や真菌感染症なども肺炎や尿路感染症などから合併する事が多い疾患です。手術、処置などの合併に関しては、発症時に早急に対応するべく体制を整えています。
更新履歴